About JH AudioJH Audio 特集

イメージ

IEMの神様と呼ばれるJerry Harvey氏が 創設したJH Audioとは

JH Audio(Jerry Harvey Audio)は、現Ultimate Earsの創設者Jerry Harvey氏(ジェリー・ハービー)が立ち上げたカスタムIEMのブランドです。プロミュージシャンのモニター向けに開発されたカスタムIEMだが、米国内ではシェア率70%を優に超えており、Jerry Harvey氏が生み出すサウンドクオリティーやデザインが多くの人に受け入れられています。
Jerry Harvey氏は元々、サウンドエンジニアとしてキャリアをスタートしており、米国のロックアーティストとして知らない人はいないVan HalenやLinkin Park、Kissを初め、The Cult、David Lee Roth、KD Lang、Morrisey、Engelbert Humperdink、Luis Miguelといった様々なバンドのモニターエンジニアを担当してきました。今のJerry氏が生み出す製品には、その時に培ってきた、サウンドエンジニアとしての経験や技術が詰まっており、プロの現場だけでなく、「プロにだけでなく、どんな人でもプロが意図するサウンドクオリティーを手に入れられる」という理由から、一般ユーザーからも多くの支持を得ています。

高級レストランを連想させるアンティークレンガ調のJH Audio Lab

ここから発信する技術や製品が世界中のミュージシャンを支え、ユーザーに喜びを与え続けています。

 

JH Audioのラボは、森林に囲まれた閑静な米オーランドの地にあります。高級レストランをイメージさせるアンティークレンガ調のラボが大変魅力的です。

  落ち着いた空間の中にも芸術を感じるJH Audioのエントランス

内装はアンティーク調な落ち着いた外観とは異なり想像、破壊、美学など様々なイメージを連想させる独創性溢れる異空間

壁面には、JH Audioを象徴する”Flying Girl”のロゴが大きく描かれており、その下に「Hear no evil.」という言葉が添えられている。
ここでの”evil”が意味するのは、「ひどい音」。つまり、「ひどい音は聴くな(最高の音を聴こう)」という意の言葉がそこには描かれており、それをイメージさせる雑念のようなデザインを”Flying Girl”がかき消しているデザインが、JH Audioとしての在り方をイメージさせてくれる。

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
 

JH Audioのサウンドクオリティーを支える独自技術

「FreqPhase - Time|Phase Waveguide」は、位相が究極的に揃ったイヤホンの製造を世界で初めて可能にしたJH Audioの独自技術です。音がどのような形で、いつ耳に伝達されるかを解析し、3ウェイ対応のイヤホンから出力される低域、中域、高域の音が同時に鼓膜に届くような、先進的技術を開発しました。

独創的で驚異的なドライバー構成

計12ドライバーを搭載したIEMの製造を可能にした独自技術「soundrIVe – Quad driver Technology」。独自にミニクワッド ドライバーを開発し、計12 ドライバーという驚異的なドライバー構成を可能とした先進的技術です。

ロゴ製品イメージ

IEMの低域の調整を可能にしたオリジナルIEMケーブルを独自にデザイン。低域の量感に関して、自身で最適なポジショニングをできるようになり、可能性の幅が増えました。

ロゴ製品イメージ

スクリュー式固定型を採用したオリジナルイヤホンコネクター。アーティストがパフォーマンス中にIEMが外れないなど、様々な状況を想定されデザインされた、独自のコネクタープラグです。

ロゴ製品イメージ

独自にデザインした高級感あるIEMケース。航空機にも使用される頑丈なアルミニウムにカーボンを使用したオリジナルキャリングケースです。

JH Audioの全てを詰め込んだカスタムIEM THE SIRENS SERIES - Roxanne

“THE MOST BEAUTIFUL IEM ON THE PLANET“ 地球上で最も美しいデザイン、サウンドを持つIEMの肩書が与えられた JH Audioの最高傑作「THE SIRENS SERIES – Roxanne」 今までに紹介してきたすべての技術を与えた、カスタムIEMが「Roxanne」です。

 

JH Audioの製品はこう生み出される製造工程の一部をご紹介

イメージ 次へ イメージ 次へ イメージ
机に並べられた沢山のオリジナルIEMケース。全てのケースにユーザー名が印字されており、常に多くのオーダーがラボに届いていることが分かります   届けられたインプレッション(耳型)を加工する作業   加工したインプレッションをベースにシェルを生成
イメージ 次へ イメージ 次へ イメージ
完成されたカスタムメイドのシェル   シェルの加工 音が出るポート(穴)を作ったりする作業   加工されたシェルにドライバーを埋め込んでいく作業
イメージ 次へ イメージ 次へ イメージ
Faceplateの加工   レーザーでIEMケースにユーザー名などを刻印する   オリジナルのIEMケースが完成JH Audioファミリーになれたという嬉しい瞬間
イメージ 次へ イメージ 次へ イメージ
シェルをコーティングする作業   スプレーコーティングで仕上げを行う   完成された自分だけのカスタムIEM

JH Audio 販売店一覧

インプレッション採取可能 補聴器店 一覧