製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

総合トップページ > コンシューマー向けオーディオ機器 > インフォメーション > 「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研)2015夏」出展のご案内

2015.07.10「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研)2015夏」出展のご案内

ミックスウェーブ株式会社(本社:東京都世田谷区)は、「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研)2015夏に出展いたします。

 

名称:ポータブルオーディオ研究会(ポタ研)2015夏
日時:2015年7月11日(土) 10:30 - 16:30

会場:中野サンプラザ 6・11階

入場料:無料

主催:株式会社フジヤエービック [ FUJIYA AVIC ]

ポタ研 2015夏 公式HP:https://www.fujiya-avic.jp/event/potaken2015_summer/?from=top_right_banner
当社展示ブース:中野サンプラザ 11F 42番ブース  (会場マップ)

 

 

 

イベントでは、当社取り扱いメーカーである「1964 EARS」「ALO audio」「Beat Audio」「Campfire Audio」「CEntrance」「Cypher Labs」「JH Audio」「Unique Melody」各社製品を展示予定です。

 

 

 

 

米カスタムIEMメーカー 1964 EARSから初となるユニバーサルモデル「1964-V6 Universal Fit」を発売。販売本数は数量限定で、製品発表後およそ12時間で正規販売代理店でのWeb予約受付が終了してしまいました。

ポタ研の会場にて別途ご用意がございますので、是非お買い求め頂ければと思います。試聴機に関しては、当社ブースにてご試聴いただけます。

 

 

 

 

今年5月の「春のヘッドフォン祭」にて発表した、米イヤホン・ヘッドホン メーカー「Campfire Audio」。前回は、「LYRA」「ORION」「JUPITER」という3機種を展示致しましたが、いずれもデザインやチューニングが「試作」段階でありました。今回展示する3機種は、いずれも「完成された」製品となります為、是非ご期待くださいませ。

 

 

ALO audio社製ポータブル真空管アンプ「Continental Dual Mono」。前回のヘッドフォン祭では未だ試作段階でしたが、今回の展示品からは「完成品」となります。

Continental Dual Monoは、その名称から「Continentalシリーズ」のフラグシップと思われますが、メーカーが想い描く真の開発コンセプトは、ALO audioが誇る最高峰真空管アンプ「Studio Six」のクオリティを手のひらに乗せられる、このサイズに求めたという経緯があり、そもそもの開発コンセプトからポータブルとしての領域を超えることは明らかだったとも感じられます。サウンドは勿論、ポータブルオーディオではこれまでに実現出来ていなかった領域にあります。是非改めて、この完成されたContinental Dual Monoをご試聴くださいませ。

 

 

Beat AudioからSONY社製「MDR-EX1000」「XBA-Z5」に使用可能な新しいデザインのイヤホンケーブルを試験的に展示致します。線材は「Silversonic MKV」を使用しており、入力端子はいずれも「3.5mm ミニ端子」となります。

 

 

その他の新製品情報等に関しましては、プレスリリースまたは当社公式SNSアカウント(facebooktwitter)にて順次ご案内致します。

 

スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。