製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

総合トップページ > コンシューマー向けオーディオ機器 > インフォメーション > ALO audio社新製品 新型「Rx」発売開始のお知らせ

2017.01.23ALO audio社新製品 新型「Rx」発売開始のお知らせ

ミックスウェーブ株式会社(代表取締役社長:齊加 博和 本社:東京都世田谷区)は、米ALO audio社が開発した新型「Rx」の発売を2017年1月27日(金) より開始致します。このRxは、2015年6月に発売された「Rx」からの正統後継機です。新型Rxは旧モデルとは異なるデザインの筐体が使用されています。

 

 

■ 製品詳細情報

 

メ-カ-名:ALO audio

 

製品名:Rx / Black
型番:ALO-2828
UPC:729440682828

 

製品名:Rx / Gold

型番:ALO-2835
UPC:729440682835

 

定価:OPEN

メーカー希望小売価格 (税別):38,000円
発売日:2017年1月27日

 

製品詳細ページはコチラ

 

 

この新しい「Rx」は、2015年6月に発売された旧「Rx」からの正統後継機です。
新しいRxは筐体設計のみを変更しており、旧モデルでは3つのパーツで構成されていた筐体が、新しいRxでは2つのパーツへと変更され、天板に印字されている「Rx」のロゴは、異なる加工法により印字されています。

 

15Vの内部設計により得られた、広いダイナミックレンジ
新しいRxを設計開発するにあたり、特にこだわりを持ったのがダイナミックレンジの確保です。よりクリーンな電力供給を行うために新しいコンデンサを採用し、通常であれば3.3V程度の内部電圧のところを「15V」設計とし、より広いダイナミックレンジを確保しています。

 

50kHzまでフラットに伸びた、周波数特性
多くのアンプは、可聴帯域の上限である「20kHz」までの周波数帯域を確保していますが、Rxは「50kHz」まで周波数特性がフラットに伸びています。これはアンプを設計する上で行う周波数カットオフの位置を十分に余裕を持たせた「80kHz」付近にしており、この余裕を持たせた設計が可聴帯域においても非常に「歪み」の少ない安定した音源再生を可能としてくれます。

 

ダンピングファクターの改善と低インピーダンス化による高い再現性
新しいRxは、IEM(インイヤーモニター)の為の非常に優れた設計を施しており、出力インピーダンスは極めて低く「0.5Ω 以下」としています。この「低インピーダンス設計」により、IEMのドライバーが有する各周波数帯のインピーダンス特性に対しての影響を抑制させることに加え、ダンピングファクターを向上させ、音源再生をより良いものにします。

 

USB Charging
ポータブルアンプとしての利便性を追求するにあたり「USB バスパワー」による充電を採用しています。充電時間は約3時間、バッテリー持続時間は約10時間です。

 

 

カラー:ブラック、ゴールド
バッテリータイプ:リチウムポリマーバッテリー
最大再生時間(フル充電時):約10時間
必要充電時間(フル充電まで):約3時間
充電方式:USBバスパワー
周波数特性:20Hz to 50kHz +/- 0.6dB (20Hz to 20kHz +/- 0.05dB)
入力:3.5mm ミニ端子
出力:3.5mm ミニ端子
THD+N (Measured at 1 V RMS Output):0.002%以下 (100Hz - 50kHz)
入力インピーダンス:10kΩ
出力インピーダンス:0.5Ω以下
ゲイン:約 -14.6 dB
サイズ:W57 x H104 x D17 mm
重量:約103g
付属品:シリコンストラップ
    USB Cable (充電用)
    AC アダプター
    保証書(1年間)

 

 

本ニュースに掲載されている社名および商品名は各社の商標または登録商標です。