製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

総合トップページ > コンシューマー向けオーディオ機器 > インフォメーション > 64 AUDIO 新製品「Fourte」「U18 Tzar」発売開始のお知らせ

2017.06.22米64 AUDIOより、40万円を超える新フラグシップ機を発売。「第二の鼓膜」と呼ばれる聴覚障害リスクを軽減する独自技術「apex」に加え、チューブレス設計を可能にした新技術「tia」を採用
更に、18ドライバー搭載のユニバーサルフィットIEMも同時に発売開始

ミックスウェーブ株式会社(代表取締役社長:齊加 博和 本社:東京都世田谷区)は、米国でプロミュージシャン向けカスタムIEMの製造および開発を行う64 AUDIO社新製品「tia Fourté」および「U18 Tzar」の発売を2017年6月23日(金)より開始致します。

 

64 AUDIO (1964 EARS, LCC)は米国を代表するカスタムIEMの製造メーカーであり、世界で初めてイヤホンの筐体に「第二の鼓膜」と呼ばれる「専用モジュール」を搭載し、ミュージシャンの聴覚障害リスクを最小限に抑えることを目的としたカスタムIEMの開発をしたメーカーです。筐体に「第二の鼓膜」を持つことで、リスニングの中で人間の鼓膜にかかる有害な音圧を吸収し、これまでにない忠実なリスニング環境と高い安全性を提供します。

 

 

製品名:tia Fourte
UPC:862946000380
型番:64A-0380

発売日:2017年6月23日(金)
定価:OPEN
希望小売価格(税別):407,200円

 

製品の詳細はコチラ

 

 

tia Fourte(ティア・フォルテ)は、特許出願中の新テクノロジー「tia (Tubeless In-ear Audio)」システムに加え、私たちがこれまでに開発してきたワールドクラスのIEM(インイヤーモニター)から学んできた事すべてを最大限に活かしたハイブリッド型のユニバーサルフィットモデルです。イヤホンの筐体はアルミニウムの無垢材を機械加工し作り上げ、フェイスプレートには耐久性が高くエレガントな外観を持つ、パティナ仕上げ(緑青仕上げ)の銅を採用しています。筐体内部には、独自開発したtiaシステム採用オープン型BAドライバーを搭載。これまでとは異なる全く新しい設計が驚くほど豊かでナチュラルなサウンドを奏でます。
tia Fourteには、革命的なapex(air pressure exchange)テクノロジーが採用されています。apexは小型スピーカーが外耳道の密封された空間に発生させる空気圧(音圧)をなくす技術です。apexは従来の IEM では実現できなかった優れたリスニングエクスペリエンスを実現します。

 

 

 

the tia driver

 

新技術「tia(Tubeless In-ear Audio)」テクノロジーを採用したオープン型バランスド・アーマチュア・ドライバーは、より高次元な音の解像度、ディテールを得るために開発された新しい技術です。 tiaテクノロジー採用のBA型ドライバーは、筐体を密閉にせず、オープンにすることでドライバー自体が本来持っているポテンシャルを引き出し、多くのハイファイスピーカーが採用している設計のように、ダイヤフラムからの音を直接得ることを可能にします。 これにより、これまでの密閉されたBAドライバーの設計に内在していた共振問題が排除され、更にこの新しい設計では音質を劣化させる音導管やダンパーを使う必要も無くなります。

 

 

 

 

 

 

tia Single Bore Design

 

音導孔を1つにする事(シングルボア設計)は、音導管(サウンドチューブ)による音の共鳴を排除する上で音質上、大きな飛躍をもたらします。 大口径の音導孔はそれ自体が音響形成チャンバー、そしてtiaテクノロジー採用の高域向けドライバーの周波数レスポンスを助ける機能を持っています。

 

 

 

 

tia Acoustic Chambers

 

シェルに収容されたこのアコースティック・チェンバーは、スタジオルームが各部屋に設置してあるスピーカーに対し、最適化されたルームチューニングを持つのと同様に、各ドライバーの為に最適化され、不必要な共鳴を取り除きます。

 

 

 

 

 

 

apex Thechnology

 

外耳道内に入れた小型スピーカーは空気圧(音圧)を発生させます。この空気圧は鼓膜を過剰に振動させ、それは耳の疲労を起こしたり、さらには難聴の原因となることもあります。この問題を低減するために私たちが開発した独自技術が「apex(Air Pressure Exchange)」テクノロジーです。apex テクノロジーを採用する私達のイヤホンは「第二の鼓膜」として作用する「apexモジュール」を筐体で相互作用する通気口の中心に搭載しています。このapexモジュールは、小型スピーカーが密閉された外耳道内で発生させる空気圧を緩和してくれ、それにより音質は劇的に改善し、この技術は耳の疲労を最小限に抑えながらも従来までのイヤホンでは成し得なかった帯域幅の広いサウンドを実現してくれます。

 

 

 

イヤホンの設計で使用される音導管(サウンドチューブ)は、その長さなどにより「共鳴」と「歪」を作り出し、必要の無い「ノイズ」を音楽に与えます。ピークなどを作り出すこの共鳴は、非常に不均一な周波数応答を生成しますが、tia™システムを採用した当社イヤホンはこれを排除することで、より完璧な音源再生を可能としています。

 

 

ドライバー:ハイブリッド型(ダイナックミック型ドライバー + バランスド・アーマチュア型ドライバー)
ドライバー構成:4 ドライバー (Low x 1, tia Mid x 1, Mid/High x 1, tia High x 1)
クロスオーバー:4ウェイ・クロスオーバー
採用独自技術:tia System
                     tia Single Bore
                     apex Technology
                     CenterDrive Technology,   
                     True Phase Design
インピーダンス:10Ω
周波数特性:5Hz - 22kHz
感度:114dB
付属品:64 Audio Personalized Protective Case
            IEM Cable
            Comply Ear Tips (S, M, L),
            クリーニングツール
            シャツクリップ
            Dehumidifier
            Round Sticker
            保証書(1年間)

 

 


 

 

 

製品名:U18 Tzar
UPC:862946000373
型番:64A-0373

発売日:2017年6月23日(金)
定価:OPEN
希望小売価格(税別):339,400円

 

製品の詳細はコチラ

 

 

U18 Tzarは、世界で初めてユニバーサルモデルとして18ドライバーを搭載したIEMであり、究極のリファレンスサウンドを求めるオーディオ愛好家、ミュージシャン向けに設計されたインイヤーサウンドの最高峰モデルです。ドライバー構成は、低域に8基、中域に8基のバランスド・アーマチュア型ドライバーが搭載され、中高域と高域向けにそれぞれ1基ずつtiaテクノロジーが採用されたドライバーを搭載しています。
U18 Tzarには、革命的なapex(air pressure exchange)テクノロジーが採用されています。apexは小型スピーカーが外耳道の密封された空間に発生させる空気圧(音圧)をなくす技術です。apexは従来の IEM では実現できなかった優れたリスニングエクスペリエンスを実現します。

 

 

ドライバー:バランスド・アーマチュア型(BA型)
ドライバー構成:18 ドライバー
                    Low x 8, Mid x 8, Mid/High x 1, tia High x 1
クロスオーバー:4ウェイ・クロスオーバー
採用独自技術:tia System
                     tia Single Bore
                     apex Technology
                     CenterDrive Technology,   
                     True Phase Design
インピーダンス:9Ω
周波数特性:10Hz - 20kHz
感度:115dB
付属品:64 Audio Personalized Protective Case
            IEM Cable
            Comply Ear Tips (S, M, L),
            クリーニングツール
            シャツクリップ
            Dehumidifier
            Round Sticker
            apex Module
            保証書(1年間)

 

 

 

本ニュースに掲載されている社名および商品名は各社の商標または登録商標です。