総合トップページ > コンシューマー向けオーディオ機器 > インフォメーション > JH Audio社よりハイブリッド型ユニバーサルフィットIEM「LOLA」発売開始のお知らせ

2017.07.07米JH Audioより、業界に新たなパラダイムシフトを起こすべく開発した新設計のハイブリッド型ユニバーサルフィットIEM「LOLA(ローラ)」を発売

ミックスウェーブ株式会社(代表取締役社長:齊加 博和 本社:東京都世田谷区)は、米オーランドでプロミュージシャン向けカスタムIEMの製造および開発を行うJH Audio社新製品ユニバーサルフィットIEM「LOLA HYBRID UNIVERSAL IEM」の発売を2017年7月13日(木)より開始致します。

 

 

IEM(インイヤーモニター)に新たなパラダイムシフトを起こす
新作ハイブリッド型IEM
「LOLA」

この新作ハイブリッド型IEM「LOLA(ローラ)」は、イギリスのロック・バンド「The Kinks(ザ・キンクス)」の名曲「Lola」から名付けられました。ドライバー構成は、低域にバランスド・アーマチュア型ドライバーが2基、中域に4.9mmのダイナミック型ドライバーが2基、高域にバランスド・アーマチュア型ドライバーが4基と計8ドライバーが搭載されています。そして、JH Audioが特許出願中の新技術「D.O.M.E Midrange Enclosure Technology」が初めて採用された事で、「デュアル・ダイナミックドライバー」を中域向けに搭載しています。

 

 

D.O.M.E Midrange Enclosure Technology
この新しい「D.O.M.E Midrange Enclosure Technology」は、Jerry HarveyがIEM(インイヤーモニター)に新たなパラダイムシフトを起こすべく開発した技術です。Jerry Harveyはこの技術を開発する上で、LOLAに搭載させた「4.9mm」のダイナミック型ドライバー向けに、位相補正バンドパス型エンクロージャーを一から設計し、ハウジングに納めました。この最適化されたエンクロージャーは、JH Audioのラボに導入している3Dプリンターで造られ、この小さなエンクロージャーが「9.8mm」相当のサウンドを送り出してくれます。

freqphase Technology
LOLAには、JH Audioの独自技術「freqphaseテクノロジー」を採用しています。この「freqphaseテクノロジー」は、マルチドライバー構成での「時間軸」と「各帯域の位相」を正確に制御する為の独自技術であり、各音導管(サウンドチューブ)が各ドライバーからの信号を「0.001ミリ秒」以内に確実に到達させ、アーティストが伝えたい音を限りなく正確に再現してくれます。

製品名:LOLA HYBRID UNIVERSAL IEM
UPC:738095380638 
型番:JHA-0638

発売日:2017年7月13日
定価:OPEN 
希望小売価格(税別):192,200円

製品詳細ページはコチラ


ドライバー:ハイブリッド型(Hybrid型)
ドライバー構成:8 ドライバー
                        Low x 2, Mid x 2, High x 4
クロスオーバー:3ウェイ・クロスオーバー
採用独自技術:D.O.M.E Midrange Enclosure Technology
                     FreqPhase Technology
                     Triple Bore with FreqPhase Steel Tube Waveguide
周波数特性:20Hz - 20kHz
入力感度:105dB
インピーダンス:16Ω
付属品:IEM Cable (Variable Bass output), Jerry Harvey Signature IEM Case
            ドライバー(LRの低域調整用), Wax Tool, イヤーチップ(シリコン・フォーム)
            保証書(1年間)

 

 

※本ニュースに掲載されている社名および商品名は各社の商標または登録商標です。