総合トップページ > コンシューマー向けオーディオ機器 > インフォメーション > 64 AUDIO 新製品「tia Trió」発売開始のお知らせ

2018.05.2264 AUDIOより、凝縮されたオリジナリティと技術力を導入したタフさとエレガンスを兼ね備える新作ラグジュアリーイヤホン「tia Trió」を発売開始

ミックスウェーブ株式会社は、米ワシントン州バンクーバーのカスタムIEM ブランド「64 Audio」が発表した新作ハイブリッド型ユニバーサルフィットIEM「tia Trió(ティア トリオ)」の発売を2018年5月25日より開始致します。

 

64 AUDIO (1964 EARS, LCC) は米ワシントン州バンクーバーに本社を構えるプロミュージシャンやオーディオファイル向けIEM(インイヤーモニター)の製造メーカーです。10年以上にわたりアメリカ北西部でサウンドエンジニアや制作に携わってきた、自身もキーボーディストであるVitaliy Belonozhko(ヴィタリー・ベロノシュコ)氏が立ち上げました。64 AUDIOの始まりは、当時は1964 EARSという名で、地元ミュージシャン向けに当時は非常に高価であったカスタムIEMをヴィタリー氏自らが製造販売することで、より多くの人が手に入れられる優れたカスタムIEMをミュージシャンに提供することから始まりました。その後2015年末、世界で初めて聴覚保護とより良いリスニング環境を作り出すことを目的に開発された「第二の鼓膜」と呼ばれる専用モジュールを開発。これを機にブランド名を1964 EARSから64 AUDIOに変更し、IEM業界のリーディングカンパニーとして2016年7月には「apexテクノロジー」を発表。2016年11月には従来までのイヤホン設計に革新を与えた「tiaテクノロジー」を発表。その後も「シングルボア・デザイン」や「LIDテクノロジー」を発表し、2018年には有名ベーシストであるネイザン・イースト氏のシグネイチャーモデルを発表。リーディングカンパニーとして次々と新しい技術や波を生み出し、最高峰のテクノロジーと唯一無二の感動を届けます。

 

 

64 AUDIO tia Trio

tia Fourté(ティア フォルテ)の設計思想を継承しただけに留まらず、特許出願中の新技術「FXC(Frequency eXtension Chamber)」や「LID(リニアインピーダンス・デザイン)」も搭載した、新型ハイブリッド・イヤホン「tia Trió(ティア トリオ)」。特許出願中の新技術「tia(Tubeless In-ear Audio)テクノロジー」や独自のチューブレス設計「シングルボア・デザイン」、独自開発のオープン・バランスドアーマチュア型ドライバー「tia ドライバー」、特許出願中の新技術「LID(リニアインピーダンス・デザイン)」、64 AUDIOのインイヤーモニター(IEM)がアドバンテージを持つ、聴覚保護とより良いリスニング環境を作り出す「apex テクノロジー」が内蔵されているなど、オリジナリティと技術力をすべて、この堅牢なブラッシュド・アルミニウム筐体に詰め込んだ、贅沢なディテールやマテリアルを惜しまないラグジュアリーイヤホンです。 

 

 

独自技術「FXC」
このtia Trióから搭載された特許出願中の新技術「FXC(Frequency eXtension Chamber)」は、筐体内部にダイナミック型ドライバーをより正確に制御するためのチャンバーを設置することで、筐体内部の空気室のサイズを最適化し、ダイナミック型ドライバーの背圧から生まれる空気の流れでドライバーの駆動を制御します。この効果によりミッドレンジの周波数特性を大幅に向上させ、ボーカルや楽器の音色がより自然に響くようになります。

 

 

独自技術の集大成「tia ドライバー」を搭載
64 AUDIOが特許出願中の新技術「tia(Tubeless In-ear Audio)テクノロジー」は、従来までのイヤホン設計であるバランスド・アーマチュア型ドライバー(BA型ドライバー)に音導管(サウンドチューブ)を使用し、音導管を通して音導孔から音を出すというイヤホン設計そのものを革新させる新技術です。このtiaテクノロジーは、BA型ドライバーに音導管を使用することなく独自のチューブレス設計を採用することで、ドライバーから発信される本来の音を直接、あなたの耳まで届けることを可能にします。音導管を使用しないことで、音導管内部で起こる音の共鳴問題やフィルター(ダンパー)を使用する事による音の減衰問題など、本来ドライバーが持つ音を悪くさせる要素を排除することができます。加えて大手BAメーカーとの共同開発により完成した独自設計のtiaドライバーでは、BA型ドライバーの筐体一部を切り開いた(オープン)ことで、密閉されたBA型ドライバーの筐体設計に内在する共振問題が排除することができ、ドライバーが本来持つ、より正確で高解像度な音を得ることに成功しました。

 

 

シングルボア・デザイン
音の出口となる音導孔を「1つ」の大口径音導孔にする設計(シングルボア・デザイン)は、音導管(サウンドチューブ)による音の共鳴を排除できるチューブレス設計を可能にし、独自設計のtiaドライバーのポテンシャルを最大限に引き出します。また大口径の音導孔は、それ自体が音響形成チャンバー(アコースティック・チャンバー)となり、より正確なサウンドチューニングを可能にします。

 

 

独自技術「apex テクノロジー」
外耳道を小型のスピーカーで塞いだ際、スピーカーは空気圧(音圧)を生成します。この空気圧は、耳の疲労を引き起こしたり、更には過度に鼓膜へ負担を掛ける事で難聴につながるリスクを引き起こします。64 AUDIOが特許出願中のapex テクノロジー(Air Pressure Exchange)は、そういった難聴リスクを抑える為に開発された技術であり、外耳道内にて密閉された空間で小型スピーカーが生成した空気圧をapexモジュールを介して緩和させます。耳の疲労感を抑える事により聴覚を保ち、飛躍的に音質を向上させる最先端技術です。

 

 

独自技術「LID(リニアインピーダンス・デザイン)」

64 AUDIOが特許出願中の新技術「LID(Linear Impedance Design)」 は、ハイレゾ対応DAPやスマホ、
ポタアンなど、出力インピーダンスが異なるソース機器に接続しても、IEM(インイヤーモニター)の音のバランスが影響を受けないように設計する新しい技術です。

 

 

ブラッシュド・アルミニウム筐体
イヤホンの筐体素材には、堅牢なアルミニウムを使用。ブラッシュド加工が施された筐体は、美しくエレガントなデザインで仕上げています。

 

 

 

 


 

 

 

メーカー:64 AUDIO
製品名:tia Trió
UPC:862946000397
型番:64A-0397
発売日:2018年5月25日

定価:OPEN
希望小売価格(税別):276,700 円
希望小売価格(税込):298,836 円

イヤホン筐体:ブラッシュド・アルミニウム筐体
ドライバー:ハイブリッド型(Hybrid 型)
ドライバー構成:3 ドライバー
        Low x 1 (9mm ダイナミック), Mid/High x 1, tia High x 1
採用独自技術:tia HIGH DRIVER
       tia TECHNOLOGY
       tia SINGLE-BORE DESIGN
       apex TECHNOLOGY
       FEQUENCY EXTENSION CHAMBER
       LID TECHNOLOGY
周波数特性:5Hz - 22kHz
インピーダンス:5.5Ω
感度:104dB
遮音性:-15dB (apex m15 module 内蔵)
ケーブル長:約122 cm
付属品:64 Audio Personalized Protective Case
    Premium Cable
    TrueFidelity イヤーチップ(S,M,L)
    シリコン イヤーチップ (S,M,L)
    クリーニングツール
    シャツクリップ
    シリカゲル
    保証書(1 年間)

 

 

本ニュースに掲載されている社名および商品名は各社の商標または登録商標です。