総合トップページ > 採用TOP > 事業展開

事業展開

ビジュアルシステム部

オンリーワンの製品を世の中に

ビジュアルシステム部は、海外メーカーから業務用映像製品を輸入し販売する部署です。それらの機器はコンサートやイベント、シミュレータや特殊なビジュアリゼーションなど専門性の高い分野で使用されています。 また、私たちが提供している機材には、8Kのきれいな映像を圧縮せず、元データのきれいなままお見せすることができ、その技術を供給できるのは現在日本では当社だけです。

他の会社ではできないこと、オンリーワンの製品を世の中に出し、常に世界の最先端を切り開いてゆくことがビジュアルシステム部の使命です。

 

  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル

コンシューマーオーディオ部

原音を忠実に再生する 高品質な音響機器をユーザーに

コンシューマーオーディオ部では、一般のオーディオファイルを含むお客様向けに、
イヤホンやヘッドホンなどのポータブルオーディオ機器を海外から輸入し、国内で販売しています。仕入れ先はアメリカ、中国、香港を中心に世界各国に及びます。主要な取引先は、アマゾン、家電量販店、ポータブルオーディオ専門店、楽器店です。

既存の商品をそのまま輸入するだけでなく、メーカーと共同開発した製品を輸入販売することもあります。こうすれば日本でもっと売れるようになるのではないかというリクエストをメーカーに投げかけ、こちらのトレンドに合わせた製品を生産してもらうのです。

  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル

プロオーディオ部

プロの音楽制作者のために より良い音をつくる機材を提供

プロオーディオ部は、放送局やレコード会社、コンサートの音響などプロの方が使う音楽機材を輸入・販売している部署です。より良い音を常に求めている音楽のプロのために、世界中から選りすぐって集めた機材をご提供しています。テレビやコンサート、最近ではストリーミングで聴く音楽など、様々な音楽制作が行われていますが、「いかに良い音をつくるか」というプロのニーズは高まるばかりです。

例えば、NHK紅白歌合戦で使われている生演奏のコンソール、コンサートでミュージシャンやスタッフが使用しているイヤホンなどが、当社が輸入しているものです。2006年からこの仕事を続けており、今ではレコーディングやマスタリングなどのプロ用機材、とくにCDの制作機器のシェアは80%以上になっています。

  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル

技術部

3部門の全製品の技術サポートをカバー

技術部は、プロオーディオ部、コンシューマーオーディオ部、プロ映像部、それぞれの技術サポートをする部署です。カスタマーサポート、修理、動作検証、評価、測定、商品チェックなどを行います。また、現場での機材設置と調整、保守契約がある場合は現場保守なども仕事の範囲となります。

さらに、営業部門だけではセールスできないアイテムについては、客先での製品のプリセールスサポートやデモを行う、導入前の技術的な相談を受けるなどの業務も受け持つことがあります。

機器に関する知識や技術だけではなく、お客様の抱えている問題を理解し、解決方法を提案できるような能力が必要な仕事です。

 

サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル

総務部

少数精鋭で会社全体を引っ張っていく部署

当社の総務部は、経理の仕事も含めて幅広い業務を行っています。総務、経理というと、一般的にはお金を扱う、社員のケアをするといった、いわば縁の下の力持ち的な部署が普通かもしれませんが、当社の場合は少数精鋭で複数の仕事を幅広くこなして、会社全体を引っ張っていくパワフルな部署と言うことができるでしょう。

昨年まで当社は8人で11億円規模の売上を上げていますので、総務部の仕事は大変ですが、その分やりがいがある仕事を任されていると思います。

売上が拡大して、少人数で運営していくのは厳しくなってきつつありますが、仕事を細分化してやっていくよりも、現在の自由闊達な雰囲気を維持していきたいと考えています。