製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

8SE日本限定モデル
8ドライバー
ユニバーサルフィットIEM
バランスド・アーマチュア型イヤホン

NEW
  • 8SEイメージ1
  • 8SEイメージ2
  • 8SEイメージ3
  • 8SEイメージ4
  • 8SEイメージ5

8SEは、中国深センの大手カスタムIEMメーカー「qdc」社が開発した、日本市場向けの限定生産モデルです。
この8SEは、レコーディングエンジニアやライブコンサートのプロデューサーなど、今まさに第一線で活躍する方々が、実際にプロの現場で使用することを目的に開発された業務用リファレンス・インイヤーモニター(イヤモニ)です。このサウンドは中国で最も実力のある5人のサウンドエンジニアの内の1人、「Luo Chen」氏の協力の元、サウンド設計を一から行い、結果として現場からの厳しい要求を完璧に反映した、真のインイヤーモニターとして完成しました。
純正ケーブルは、高品質な高純度銀メッキ銅導体のケーブルが付属し、キャリングケースには鮮やかなオレンジカラーのオリジナルレザーケースが付属します。

 
製品イメージ

MICAで装飾された特別な1ペア

音質だけでなく視覚の面でも魅力を与えるため、フェイスプレート部を鉱物の一つとして知られる「マイカ(雲母)」で装飾しました。この「マイカ(雲母)」を採用したことで、一つとして同じデザインが存在しない、たった1つのだけの「1ペア」が作られます。

本当に現場で使えるカスタムIEMを目指し<br />現場からのフィードバックを真摯に受け止める イメージ

本当に現場で使えるカスタムIEMを目指し
現場からのフィードバックを真摯に受け止める

qdc社が開発するカスタムIEMは、マーケットからのリサーチは勿論、音楽業界からの協力も得て、現場で本当に使えて信頼されるカスタムIEMの開発を積極的に行っています。中でもShaogang Jin氏は、中国でも著名なサウンドエンジニアで、北京オリンピックではチーフサウンドエンジニアを務め、中国好声音中国浙江衛視の音楽オーディション番組「Voice of China」ではサウンドディレクターを務めるなど、業界で活躍しているエンジニアですが、qdc製品の音作りに大いに関わっているメンバーの一人です。

高性能な開発機器とそれを扱える優秀な人材 イメージ

高性能な開発機器とそれを扱える優秀な人材

カスタムIEMの開発環境として、無響室の設置、ブリュエル・ケアー(B&K)社の音響・振動計測用PCハードウェアやソフトウェアの導入、電気信号や音響に詳しい専門家との共同開発など、多額の投資を行い、常に技術革新を求める企業姿勢が強みです。

独自の特注BAドライバーを搭載 イメージ

独自の特注BAドライバーを搭載

qdcのイヤホンには、qdcが独自デザインし、老舗BAメーカーに発注している独自のBAドライバーを採用しています。各BAドライバーには、qdcが10年以上にも渡り中国のシリコンバレーと呼ばれる「深セン」にて、軍や警察向けのミリタリー製品を開発し続けてきた事から、これまで得てきた同社の技術を独自のBAドライバー設計に反映しています。

 
説明画像1
説明画像2
 
 
製品情報
製品名 8SE
概要 日本限定モデル
8ドライバー
ユニバーサルフィットIEM
バランスド・アーマチュア型イヤホン
製品仕様
ドライバー バランスド・アーマチュア型(BA型)
ドライバー構成 8ドライバー
Low-Mid/Low x 2, Mid x 2, Mid/High-High x 4
周波数特性 20Hz - 20kHz
入力感度 112dB
インピーダンス 22Ω
イヤホン端子 qdc社独自の2pin端子
ケーブル導体 高純度銀メッキ銅導体
入力端子 3.5mm ミニ端子
ケーブル長 約122cm
付属品 Silver Plated Copper Cable
オリジナルレザーケース
イヤーチップ
クリーニングツール
保証書(1年間)
付属品のご購入に関して 当該製品の一部付属品は、当社オンラインストアにてご購入が可能です。
販売ページ
関連製品
製品イメージ

6SE

日本限定モデル
6ドライバー
ユニバーサルフィットIEM
バランスド・アーマチュア型イヤホン

製品イメージ

10SE

日本限定モデル
10ドライバー
ユニバーサルフィットIEM
バランスド・アーマチュア型イヤホン

製品イメージ

5SH

日本限定モデル
HiFi Series
5ドライバー
ユニバーサルフィットIEM
バランスド・アーマチュア型イヤホン

  • 販売店一覧
  • 購入前のお問い合わせ
  • 購入後のお問い合わせ

製品品質の向上と部品需給状況によって、製品構成などの仕様は予告なしに変更することがございます。