製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

TranZformer LLXベースペダル/イコライザー&ブースト

  • TranZformer LLXイメージ1
  • TranZformer LLXイメージ2
     

TranZformer LLXは、api独自のEQとブースト(プリアンプ)回路を、コンパクトなエフェクター・サイズで実現しました。ペダル・ボードに収まるサイズと、標準的な9V(~18V)電源で動作するように設計されています。

ベース用にチューニングされや3つの周波数(100Hz、400Hz、2kHz)は、それぞれ+/-15dBのブースト/カットが行えます。さらに2kHzはピーク/シェルビングが切り替えられるのも、ラック機さながらの機能と言えます。

さらに、ゲイン・ステージは「CLEAN BOOST」から「OVER DRIVE」モードに切り替えることができます。「CLEAN BOOST」では非常にクリアな音量アップ、そして「OVER DRIVE」では入力オペアンプをドライブした唯一無二の「apiドライブ・トーン」が得られます。-20dBのパッドも搭載していますので、入力信号の大きさによってドライブ具合と出力のバランスを調整できます。

apiの大型コンソールにも搭載されている2510オペアンプと、2520のエレメンツ(オンボード搭載)、そしてapi製出力カスタム・トランスの織り成す「APIサウンド」をコンパクトサイズで実現した、待望の楽器用プロダクトです。ギター/ベースどちらにも対応し、素晴らしい「apiサウンド」が得られます。

・api2510オペアンプ&2520のエレメンツ(オンボード搭載)
・api独自の出力トランス
・±15dBのゲインを持つ3バンドEQ
・OpAmpオーバードライブ回路
・40dBのゲイン
・-20 dB出力パッド
・バッファード・バイパス

「2510 / 2520 オペアンプ」とは

「apiといえば2520」というイメージがあると思いますが、2510も非常に多くの製品で用いられています。
2520はapiプリアンプの大半に使用されており、2510はapiの巨大なフラッグシップ・コンソール「Vision」のEQ / ダイナミクス・セクションには2510が多く採用されています。
また、その他プロダクトの入力パスにも多く採用されており、apiサウンドを生み出す欠かせないパーツの一つです。
数1000万円クラスのプロダクトと同じパーツを惜しげもなく使用しているからこそ、コンパクト・エフェクターでも「唯一無二のapiサウンド」が守られるのです。

大型の出力トランス

ペダルサイズながらも、大型出力トランスを搭載。

18V駆動

本機は18Vでも駆動します。18Vではダイナミックレンジが広くなり、よりクリアーなサウンドが得られます。
また、GAINを上げた時の歪みの掛かり方が変わるため、ギター・エフェクター的に歪ませたい場合は9Vを、よりクリアーかつナチュラルにドライブさせたい場合は18V…と使い分けるのも手です。




BASS MAGAZINE 『【api】IKUO × TranZformer CMP/GTR』
IKUOさんによるべーし&ギターによるTranzformer GTR & CMPのデモ演&レビュー。 本人もライブで導入しているCMPのセッティングが決まったのは、このセッションだったと言っても過言ではありません!  セッティング例も掲載。





ヤングギター雑誌連動レビュー企画 feat. 大橋英之:
大橋英之さんによる、ギターの観点から見たTranzformer GTR & CMPのデモ試奏&レビュー。GTRはEQの周波数がギター寄りに設定されているので、これぞ真価を発揮したサウンド! コンプも、ギタリストにオススメなサウンドメイクとプレイで紹介して頂いているので、持っているギターのサウンドを一層活かしたいギタリストは必見です!

製品情報
製品名 TranZformer LLX
概要 ベースペダル/イコライザー&ブースト
希望小売価格 ¥ オープン(税込42,900 円/税抜39,000 円 前後)
JANコード _4582691860348
関連ページ メーカーページ
製品仕様
スペック
寸法: W6cm × D11cm × H5cm
重量: 680g
電源: 9V DC または 18V DC(別売)
関連製品
製品イメージ

TranZformer CMP

ギターペダル/コンプレッサー

  • 販売店一覧
  • 購入前のお問い合わせ
  • 購入後のお問い合わせ

製品品質の向上と部品需給状況によって、製品構成などの仕様は予告なしに変更することがございます。