製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

535-LAディスクリート ラインアンプ(500シリーズ)

  • 535-LAイメージ1
  • 535-LAイメージ2
     

<特徴>
・連続可変デテントインプットレベルトリム
・位相反転スイッチ
・-20dB インプットパッド
・キャリブレートレベルモード
・アウトプットレシオセレクター
・クリップLEDインジケーター
・連続可変デテントアウトプットレベルトリム
・伝統的なAPIフルディスクリート回路設計
・オーディオ回路には高名な2510および2520オペアンプを使用

535は、APIの高い評価を得ているコンソールをベースとした325ブースターカードをモデルとしており、入力および出力にアンプ機能とアッテネート機能を搭載することで、どのような使用状況にも対応できる柔軟性を持っています。
そして、APIのトレードマークである暖かく音色のあるサウンドを提供します。

535は様々な音声信号に暖かみを付加することに秀でています。
推奨される利用方法としては、下記となります。

・あらゆる種類のデジタル信号に暖かみを付加する。
・キーボードの音に音色を付加する。
・ミックスに暖かみを付加する。

また、自身でレベルコントロール機能を持たないオーディオプレイバックデバイス、マイクプリ、もしくはオーディオプロセッサーは、535-LAを使用することにより、音色の付加とレベルコントロールという恩恵を受けることができます。

また、535-LAはバランス入力、位相反転スイッチ、入力信号のアッテネートのための20dBパッド、3ポジションのトグルスイッチを持ち、トランスからの様々なアウトプットのゲインレベルを許容します。
まさに325ブースターカードが行うように、バランス信号を低い歪みで長距離ドライブできるようにデザインされています。
出力のゲインレンジは6dBから45dBまでです。
535はAPIのユーザーが予想しているような、ユニークで暖かく信頼のできるサウンドを生みだすために、APIオリジナルのトランスと併せて、ディスクリート2510, 2520オペアンプを使用しています。

 
説明画像1
説明画像2
 
 
製品情報
製品名 535-LA
概要 ディスクリート ラインアンプ(500シリーズ)
関連ページ メーカーページ
製品仕様
周波数特性:-0, +0.2, 30Hz-20kHz
THD+N:.006% 工場出荷時(+4dB)
ノイズフロア:-85dB 工場出荷時
ゲインレンジ:-inf.-53dB
最大入力レベル:+32dBu, バランス(with PAD)
最大出力レベル:+32dBu, バランス(1kHz)
入力インピーダンス:20,000Ω以上, ~4000Ω with PAD
出力インピーダンス:75Ω以下
関連製品
製品イメージ

6-slot lunchbox

6スロット ランチボックス(500シリーズ)

製品イメージ

512V

ディスクリート マイク/ラインプリアンプ/DI(500シリーズ)

  • 販売店一覧
  • 購入前のお問い合わせ
  • 購入後のお問い合わせ

製品品質の向上と部品需給状況によって、製品構成などの仕様は予告なしに変更することがございます。