製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

205Lディスクリート DI(200シリーズ)

  • 205Lイメージ1

新しい205L DIはギターかベースをダイレクトに変換できるように設計されています。
もちろんピックアップが拾ったサウンドに手を加えるようなことはありません。
ユニークなトーンコントロールによって、ローエンドのクオリティを改善します。
いっぽうBRIGHTスイッチでは、明瞭感を増すことができます。
この2つの機能の組み合わせによって、楽器本来のサウンドをそのままラインに流すことが可能です。
その後にプロセッサーで補正する必要がないくらいです。
入力ステージでは特に真空管ギターアンプと同じような設計が施されています。
ピックアップからのサウンドに色付けすることなく、そのままの状態を維持しています。
これにより従来のダイレクトボックスを使用するよりも最短距離で楽器とコンソールの間を直結させることができます。
本機によってバランスマイクレベルに変換された信号は、EQやダイナミクス、フェーダーを通ってレコーダーに記録されます。 205Lは別のアンプを使うことなく単独でラインレベルに変換することができます。
100KオームのLOADスイッチで、ピックアップからのトーンをわずかに変化する場合がありますによってそれを補正できます。
また205Lは、20dBのPADを装備していますので、ラインレベルのサンプラーやキーボードなどでも使用することができます。
他の200Lシリーズモジュールを組み合わせて使用することにより、最終的に希望するサウンドまで作り込んだ上で出力することができます。
さらに201Lフェーダーモジュールの添加で、205Lの出力レベルを調整することができます。
205Lはオリジナル2510および2520オペアンプを使用していますのでにして、信頼性、長寿命、そして特性のバラツキのないサウンドを誇ります。

<特徴>
・ワイドレンジゲインコントロール
・真空管ギターアンプのような高インピーダンス入力
・Thin - Fat コントロール機能による低域バランスの改善
・ブライトスイッチによる高域の明瞭度の改善
・20 dB によるライン信号入力対応
・100 Kオームロードスイッチによるサウンド調整機能
・5セグメントLEDメーターによる出力レベル表示
・トランス出力で +28 dBmまで対応
・全段ディスクリート設計

 
説明画像1
説明画像2
 
 
製品情報
製品名 205L
概要 ディスクリート DI(200シリーズ)
関連ページ メーカーページ
製品仕様
バンド数:2
フィルタータイプ:パッシブシェルフ型
フィルターセンター周波数:LOW-150Hz / HIGH-8kHz
入力インピーダンス:470kΩ以上、アンバランス
出力インピーダンス:85Ω、トランスバランス
定格レベル:-40 dBu から+20dBu
クリッピングレベル:+28dBu
周波数特性:0,-.3, 30Hz-20kHz
ノイズ:98dB@10dBm出力、unweighted.20Hz-20kHz
ディストーション:THD 0.02% (+4dB@2k)
入出力コネクター:100 spaced ELCO
サイズ:W32 x D67 x H15.2(mm)
重量:454g
消費電力:±16V DC、最大80mA@+24dB出力
関連製品
製品イメージ

REDDI

チューブ DI

製品イメージ

505-DI

ディスクリート DI(500シリーズ)

  • 販売店一覧
  • 購入前のお問い合わせ
  • 購入後のお問い合わせ

製品品質の向上と部品需給状況によって、製品構成などの仕様は予告なしに変更することがございます。