製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

312ディスクリート マイクプリアンプ(500シリーズ)

  • 312イメージ1
  • 312イメージ2
     

1970年代に設計された312はapiで最も人気のあるマイクプリアンプの1つです。レコーディング業界で広く知られています。

Saul Walker氏のオリジナルデザインに基づいて、api 312マイクロフォン プリアンプは2520オペアンプと独自のトランスを組み合わせています。api特有のアナログの暖かさ、広大なヘッドルーム、紛れもないサウンドを500シリーズフォーマットで提供します。

【特徴】

・ビンテージスタイルのアナログVUメーター(0VU=+4dBu)
・ゲインレンジ:+34dB~+69dB
・2520 オペアンプとAP2516インプットトランスフォーマー搭載
・20 dB PADスイッチ
・位相反転スイッチ
・3:1 出力トランスタップ:ON時は出力ゲインの比率が1:3から1:1となり約-10dBの出力レベルとなります。
・48V ファンタム電源
・ピークLED(+18dBu)

【512シリーズとの違い】

・ゲインレンジ:512は+34dB~65dB
・312 Mic Preの基板デザインは312Anniversaryモデルをベースにしています
・312 Mic Pre:入力トランスはオリジナルのAP2516を採用
・512:インストゥルメント入力を搭載

 
製品イメージ

レコーディング史の軌跡を辿る音

apiの創立者であるSaul Walker氏、彼が初めて設計したマイクロフォンプリアンプこそ、312でした。確かな信頼性とその音楽的な特性は多くのプロフェッショナル達に支持され、今日のapiに繋がる基礎となっています。

312 50th Anniversaryモデルのスタンダードプロダクションラインとして新たに加わった312は、よりモダンな機能性が追加されています。312はapiのレコーディングコンソールでも用いられており、当時は足元にプリアンプ回路が集約され、コントロールサーフェースにゲインポットのみが実装される設計でしたが、この312はapi 500シリーズに対応するようにモジュール化されています。

ヴィンテージトーンをモダナイズする イメージ

ヴィンテージトーンをモダナイズする

当時のサウンドを表現する為、入力トランスにはラックモデルの3124Vにも搭載されているAP2516が搭載されています。王道の2520オペアンプと組合わさり、ウォームでありつつ、表現を損なわないapiトーンが得られます。

-20dBのパッド、出力トランスフォーマーを3:1のレシオでタップする機能(-10dB)等、より現代的なモディファイも施され、DAWやオーディオインターフェースに直接接続する現代の制作スタイルにもマッチします。

 
説明画像1
製品情報
製品名 312
概要 ディスクリート マイクプリアンプ(500シリーズ)
希望小売価格 \ 105,000
関連ページ メーカーページ
製品仕様
ゲインレンジ:+34dB to +69dB(;14dB to +49dB with pad)
最大入力レベル:-4dBu(+16Bu with pad)
最大出力レベル:+31 dBu
ピークLED:+18dBu output level
出力インピーダンス:75Ω以下(トランスバランス)
周波数特性:±0.5dB, 20Hz-40kHz
ノイズ:120dB
接続:15position.156"sp.edge connector
消費電力:±16V/DC@55mA
サイズ:1.5" x 5.25" x 6.75" deep
重量:約680g
関連製品
製品イメージ

6-slot lunchbox

6スロット ランチボックス(500シリーズ)

製品イメージ

5B1

ブランクパネル(500シリーズ)

製品イメージ

512V

ディスクリート マイク/ラインプリアンプ/DI(500シリーズ)

  • 販売店一覧
  • 購入前のお問い合わせ
  • 購入後のお問い合わせ

製品品質の向上と部品需給状況によって、製品構成などの仕様は予告なしに変更することがございます。