製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

512Vディスクリート マイク/ラインプリアンプ/DI(500シリーズ)

  • 512Vイメージ1

・65dBまでの高ゲインを実現
・可変 アウトプットレベルコントロール
・3:1 アウトプットトランス タップセレクション
・フロントおよびリアパネルでのマイク入力に対応
・ライン/インストゥルメントは45dBまでのゲイン性能
・フロントパネルには コンボ XLR + 1/4 inch ライン/インストゥルメント入力
・出力レベル監視用のLED VUメーター
・マイク/ライン/インストゥルメントに対応する20dBパッドスイッチ
・48Vファントム電源内蔵 (スイッチャブル)
・伝統的なAPIディスクリート回路設計
・APIオリジナルオペアンプ2520を使用

API 512Vはマイク/ライン/インストゥルメント プリアンプです。
-129IENという低ノイズであり、すべてのオーディオシステムに非常に優れたサウンドを提供できる能力で世界的に有名です。

512Vは、すぐにAPIのサウンドだとわかる音質を、手ごろな値段で、500シリーズフォーマットで提供します。
また、65dBという素晴らしく高いゲインを持ち、フロントパネルに可変の出力レベルコントロール、切り替え可能な3:1 アウトプットトランスセレクション、 ファンタム電源、切り替え可能な位相反転スイッチ、-20dB パッド、マイク/ライン/インストゥルメントセレクターをもっています。
API ランチボックスや500VPRもしくはAPI コンソールに挿入時は、フロントパネルのコンボ XLR + 1/4 inch コネクターとリアパネルの入力、どちらの使用も可能な柔軟性があります。

アウトプットレベルコントロールは、どのDAWにも対応できるように、また他の入力レベルが敏感なデバイスにも対応できるように搭載されました。
また、3:1 アウトプットトランス タップセレクションは、9.5dBの出力のアッテネーター機能になります。

回路設計は、APIの設立者Saul Walkerの回路設計を忠実に踏襲しています。
これらの回路設計とAPIオリジナルのトランス、そして他とは比較のできない2520オペアンプとの巧妙な組み合わせによって生み出された512Vは、高い音楽性とリッチなサウンドを持ったアナログマイクプリです。
ハンドメイドで組み立てられる512Vは十分な機能を有し、すべてのAPI製品の特徴である、信頼性、耐久力、安定性を持っています。

 
説明画像1
 
 
製品情報
製品名 512V
概要 ディスクリート マイク/ラインプリアンプ/DI(500シリーズ)
関連ページ メーカーページ
製品仕様
フロントコネクター: XLR マイク入力, HI-Z 1/4 inch アンバランス入力
マイクプリ ゲインレンジ: マイク / 34dB - 65dB (14dB - 45dB@パッド使用時), HI-Z / 14dB - 45dB (-6dB - 25dB@パッド使用時)
最大入力レベル: マイク / 8dB, アンバランス HI-Z 入力 / 36dB
入力インピーダンス:マイク入力 / 1500Ω, HI-Z アンバランス入力 / 400KΩ
出力インピーダンス: 75Ω未満, トランスタイプフローティングバランス
クリッピングレベル: +30dBu
周波数特性: +0, -.3, 30 - 20 kHz
ノイズ: マイク入力 / -95dBu, HI-Z アンバランス入力 / -90dBu
ディスト―ション: :0.05%未満@+4dBu出力、0.1%未満@+28dBu出力
消費電力: ±12 / 18V / DC@40ma
サイズ: 1.5(W) x 5.25(H) x 7(D) inch
シッピングサイズ: 4.5(W) x 6.5(H) x 10.25(D) inch
重量: 約680g
シッピング重量: 約907g
関連製品
製品イメージ

512C

ディスクリート マイク/ラインプリアンプ/DI(500シリーズ)

製品イメージ

6-slot lunchbox

6スロット ランチボックス(500シリーズ)

製品イメージ

3124V

ディスクリート 4ch マイク/ラインプリアンプ/DI

  • 販売店一覧
  • 購入前のお問い合わせ
  • 購入後のお問い合わせ

製品品質の向上と部品需給状況によって、製品構成などの仕様は予告なしに変更することがございます。