製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

Ottobit Jr.ビットクラッシャーペダル

  • Ottobit Jr.イメージ1
  • Ottobit Jr.イメージ2
  • Ottobit Jr.イメージ3
  • Ottobit Jr.イメージ4
  • Ottobit Jr.イメージ5

Arcade Dreams Reborn...
Ottobit Jr. を単なるビットクラッシャーと表現するのはすこし難しいかもしれません。
クラッシックなゲームマシンに搭載されているSIDチップのサウンドを再現しつつ、アナログシンセとシンセフィルターを組み合わせた構成はイマジネーション溢れるプレイの手助けとなることでしょう。
Stutter(波形編集で切り刻んだようなリピートサウンド)・シーケンス機能は画期的です。
Stutterサウンド(波形を切り刻んだようなサウンド)をピッチ、フィルター、クラッシュをそれぞれシークエンス(8ステップ)させ、チップチューンのようなサウンドを実現します。

Merisペダルは+12.5dBuまで受け止められる高いヘッドルームを持っています。
これにより、シンセサイザー等入力の高い信号も余裕をもって受け止めることが可能です。

正直、使い方の難しいペダルではあります。
しかし楽曲制作からライブまで、手にした瞬間から貴方のイマジネーションを刺激する、良きライバルとなってくれることは間違いありません。

ラインレベルにも対応しているので、楽曲制作でも素晴らしい効果を発揮します。
ハイハットやループサウンドをクラッシュさせたり、Stutter機能で刻むことも簡単です。
シンセ以外にもボーカルにかけても面白いと思います。
プラグインのビットクラッシャーとは違い、ただビットリダクションさせるだけではなく、そこに音楽的な要素を付加します。

MIDI, Expression and Preset...
MIDI接続(要MIDI I/O)やエクスプレッションペダルを接続すれば、より効果的です。
フィルターやビットクラッシュ量をエクスプレッションでコントロールしてシンセサウンドを追求したり、Stutterパターンを楽曲にあわせてMIDI制御したり等々、更なる可能性が広がります。
また、別売のプリセットスイッチは4つのプリセット保存を可能にします。


※ サウンドはメーカー製品ページ公式Youtubeチャンネルから試聴可能です。
※ サンプル・セッティングは、こちらからダウンロードできます。工場出荷時に、本体に保存されているプリセットと同じです。

*製品特徴*
・ステレオ入出力
・入出力レベルはインストレベル・シンセ/ラインレベルで選択可能
・可変サンプルレート&ビットクラッシュ機能
・ヴィンテージシンセにインスパイアされたローパスフィルター
・Stutterトリガー機能
・ピッチ、フィルターも含めたパターンシーケンスセッティング
・トゥルーバイパス、バッファードバイパスの選択
・タップテンポ機能
・エクスプレッションペダルを用いた全てのパラメーターのコントロール
・別売Preset Switch、MIDIを用いたプリセット機能
・Expジャックを介したMIDI入出力(TRS)
・外部タップテンポ接続可能
・JFETを用いた高品質な入力セクション
・Designed and built in Los Angeles, California U.S.A.


*各機能解説*
→本ページ上部製品画像の5枚目(クリックすると拡大)もご覧ください。

-SAMPLE RTE-
・サンプルレートを48Hzから48kHzまで変化させ、デジタル・オーディオの周波数レンジの劣化を再現します。
・Alt モード: STEP 1
→シーケンサーステップ1の設定です。

-FILTER-
・フィルターのカットオフ周波数の設定です。
・Alt モード: STEP 2
→シーケンサーステップ2の設定です。

-BITS-
・1bit~24bitまでのビット・デプス設定です。
・Alt モード: STEP 3
→シーケンサーステップ3の設定です。

-STUTTER-
・Stutterの長さとシーケンス再生スピードを変更します。
・Alt モード: STEP 4
→シーケンサーステップ4の設定です。

-SEQUENCER PLAY MODE-
・シーケンサーのリピート回数を設定、1,2,4,8回リピートと連続再生が可能です。
・Alt モード: STEP 5
→シーケンサーステップ5の設定です。

-SEQUENCER MULTIPLY-
・タップテンポ等で設定されたテンポに対してシーケンサーの再生スピードを倍率でコントロールします。
・Alt モード: STEP 6
→シーケンサーステップ6の設定です。

-TAP LED / ALT FUNCTION-
・タップすることによりテンポを設定、LEDは4分音符の間隔で点滅します。
・またこのボタンを押し続けている間、Altモードが有効となります。

-BYPASS LED / SELECT SEQUENCER TYPE-
・LEDがバイパスのステータスを表示します。
・小さいLEDはシーケンサーの設定を表示し、両方とも消灯している場合は、サンプルレートシーケンサーがアクティブです。

-TAP-
・タップされたテンポでテンポとシーケンススピードを設定します。
・ホールドすることで、Stutter機能にバッファされた信号データをフリーズします。

-Bypass-
・バイパス。

 
説明画像1
説明画像2
 
 
製品情報
製品名 Ottobit Jr.
概要 ビットクラッシャーペダル
発売日 34,500円前後(税抜)
UPCコード _863000000000
関連ページ メーカーページ
製品仕様
製品マニュアルはこちらからダウンロードしてください。

A/D D/A変換:48kHz 24bit
DSP:32bit float
入力インピーダンス:1MΩ
S/N比:110dB
最大入力レベル:+9dBu(インスト入力モード), +12.5dBu(シンセ・ライン入力モード)
電源:9V DC, センターマイナス, 2.1mm
消費電流:150mA
サイズ(W x D x H):約108 x 114 x 50 mm
重量:約414g
関連製品
製品イメージ

Hedra

3ボイス・ピッチシフター

製品イメージ

Enzo

マルチボイス・シンセサイザーペダル

製品イメージ

MIDI I/O

MIDIインターフェース

  • 販売店一覧
  • 購入前のお問い合わせ
  • 購入後のお問い合わせ

製品品質の向上と部品需給状況によって、製品構成などの仕様は予告なしに変更することがございます。