製品検索

プロの現場で活躍する最高品質にこだわった
高音質オーディオ機器、ハイエンドビデオ機器の提供

Spatial Mic2nd Order Ambisonics VR microphone

  • Spatial Micイメージ1
  • Spatial Micイメージ2
  • Spatial Micイメージ3
  • Spatial Micイメージ4
  • Spatial Micイメージ5

"2nd Order Ambisonics VR microphone
Spatial Micは、YouTube 360、Facebook 360等のストリーミングサービスでもVR映像と共に用いられることが多くなってきたAmbisonics技術に対応したマイクロフォンです。

今まで、4基のダイヤフラムを用いる1次オーダーのマイクは市場にありましたが、2次オーダーのマイクは高価であり、一般的ではありませんでした。Spatial Micは魅力的な価格帯を保ちつつ、1次オーダーの倍のダイヤフラムを用いて空間表現を更に補完する2次オーダーマイクロフォンです。
最大96kHzで、スマートフォン等を用いたポータブル環境にも対応するマイクロフォンはVoyage Audioが初となります。




96k Support

この手のインターフェース一体型マイクはサンプルレート48kが限界でしたが、Spatial Micは96k24bitでの収録にも対応。
プロフェッショナルなサウンドクオリティを実現しました。
*専用プラグイン&アプリケーション*
*ADAT使用時は仕様上、48kまでとなりますが、音質は十分なクオリティです。*





主な特徴&仕様
・8chのUSB2.0 Audioストリーミング(本体端子形状はUSB-C)
・ADAT Toslink出力
・サンプリングレート
  USB>44.1/48/88.2/96kHz, 16bit/24bit
  ADAT>44.1/48kHz, 16bit/24bit
・SN比 ADC 110dB / DAC 108dB
・USB-C バスパワー、micro-USBを用いた外部5v/500mA電源入力が選択可能
・ヘッドフォン出力:130mW, 16 ohms. 3.5mmステレオ出力
・ヘッドフォンモニタリング
  Google Resonance HRTF @ 44.1/48kHz
  Live Mid-Side Monitoring @ 88.2kHz/96kHz
・個別にキャリブレーション調整済
・ダイヤフラム:コンデンサー, 14mm, Prepolalized
・SNR: >72dB-A
・周波数特性:20Hz to 20kHz
・最大SPL: THD<3%, 120dB@1kHz
・Array: トランスデューサー x8
・マイク本体素材:アルミニウム、ナイロン
・マイク本体サイズ(高さx直径): 約17.1cm x 約5.4cm

製品付属品
・USB-C to USB-Cケーブルx1(長さ3m)
・USB C to Aケーブルx1(長さ3m)
・1/4-20 to 5/8"" ボールタイプのマイクスタンド用マウント

動作環境
・Spatial Mic専用ドライバーは用意されていません。
  - Mac OSX:Core audioドライバーを用いる為、プラグ&プレイでお使い頂けます。
  - Windows 10:DAWに録音する場合、ASIO4ALLを用いることを推奨します。
・専用ソフトウェア、Spatial Mic Converter & Spatial Mic Control app動作環境
  対応OS:MacOSX10.11以上 / Windows:Windows10
・Spatial Mic Converterプラグインフォーマット
  VST(Mac/Win) / AAX(Mac OSXのみ)

*ソフトウェアは無料でダウンロードが可能です。購入前に一度ダウンロードして動作するかご確認ください。

 https://voyage.audio/downloads/










Sound & Recording Magazine

製品開発ストーリー VOYAGE AUDIO Spatial Mic
複数のカプセルを搭載したマイクで録音し、それを専用のコンバーターで変換することで、立体的なサウンドをステレオで再現できる。
各社がAmbisonics対応マイクを開発する中、新たに参戦したのがVOYAGE AUDIO。
カリフォルニア州サンディエゴに拠点を構える音響機器メーカーだ。
今回、VOYAGE AUDIO共同設立者/エンジニアであるコリン・リッチー氏に、彼らが開発したSpatial Micの特徴や開発について話を聞いた。



"

 
製品イメージ

360度を持ち歩く

パソコン、スマートフォンから給電(電力が足りない場合は別口のMicroUSBにモバイルバッテリーやUSB充電アダプター等を接続してください)、そのまま各社DAW等を用いての収録が可能。また、モニタリングは本体付属の3.5mmヘッドフォン出力からバイノーラルにデコードされたサウンドでモニタリングが可能です。
どこでもポータブルに、かつ高品位のレコーディングが可能です

スマートフォン等にレコーディングする場合は、“n-Tracks“等のマルチトラックレコーディング対応のアプリケーションを用いれば録音可能です。野外収録やFoley等、様々な現場でも素早く、高品質な録音に対応できます。

With Camera & Video イメージ

With Camera & Video

本体は1/4インチのネジ穴を設けている為、シューマウントからフレキシブル・アームやマウント用ブラケット等を用いれば、カメラ機器等との接続も対応可能で、映像とリアルタイムでリンクしたVRサウンドにも対応可能です。

アルミニウムとナイロン素材を用いた軽量なマイク本体はADDAやアンプ等、各出力、8基のダイヤフラムを搭載していながら約249gと軽量に収められています。

あとはSteinberg Cubase/NuendoやAvid Pro Tools Ultimate、Reaper等、Ambisonics対応のDAWで思う存分エディット&ミキシングを楽しむだけです!

ADAT or USB イメージ

ADAT or USB

Spatial MicはUSB出力だけでなく、ADATも装備しています。これを用いることで、8トラックのアナログチャンネルを潰すことなく、効率的にAmbisonicsの音声データを転送することができます。
ピアノやアコースティックギター等、生楽器を収録する際にもリアイティのある空気感、サウンドを捉えます。楽曲制作においても実用的に使用可能なAmbisonicsマイクです。

Spatial Mic Converter Plugin イメージ

Spatial Mic Converter Plugin

この専用プラグインはSpatial Micで収録されたサウンドを1次、2次Ambisonics、もしくはambiX, Fumaに変換するエンコーダーとして機能します。

このプラグイン内部では64chのフィルター・マトリクスを用いています。また、出力フィルターは2タイプから選択可能で、このフィルターは無響室の測定結果を用いて、緻密に設計されています。

このプラグインを用いることで、マイクの収録ポイントの調整が可能で、360ビデオ等のアプリケーションを用いた際のオーディオのポジションの補正等に有効です。

また、Virtual Mic機能はSpatial Micで様々なマイクの指向性とステレオマイキン グを再現します。
Spatial Mic Control app イメージ

Spatial Mic Control app

このアプリケーションはSpatial Micを接続した際、内部パラメーターをリモートコントロールするハードウェアコントローラーです。
USB接続が必須となりますが、Spatial Mic本体でもある程度の制御は可能ですが、このアプリケーションを用いることで遠隔からの操作が可能になります。
また、メーター表示モードでの本体LEDのOn/Offも制御可能です。これにより現場収録の際、本体LEDの発光が邪魔になることが防げます。また別の機器に接続した際も設定はマイク本体にストアされています。

 
説明画像1
 
 
製品情報
製品名 Spatial Mic
概要 2nd Order Ambisonics VR microphone
希望小売価格 \ 118,000(税抜)
UPCコード _860003332504
  • 販売店一覧
  • 購入前のお問い合わせ
  • 購入後のお問い合わせ

製品品質の向上と部品需給状況によって、製品構成などの仕様は予告なしに変更することがございます。