Spatial Mic Dante8 Capsule Spatial Audio Captur Microphone

NEW
  • Spatial Mic Danteイメージ1
  • Spatial Mic Danteイメージ2
  • Spatial Mic Danteイメージ3
  • Spatial Mic Danteイメージ4
  • Spatial Mic Danteイメージ5

Spatial Mic DanteSpatial Mic Danteは8つのカプセルで音場全体を正確に捉える2nd Order Ambisonicsマイクロフォンです。内蔵のDante™オーディオネットワークによりレコーディングやライブ放送に柔軟に対応する出力機能を備えています。Dante™搭載は多くのユーザーからのフィードバックを基に開発されました。

With Dante Power



Spatial Mic Danteの開発では空間オーディオのワークフローを合理化することが最重要課題でした。Dante™オーディオネットワークは、標準的なIPネットワークを利用して、高品質な非圧縮オーディオをほぼゼロのレイテンシーで伝送します。

Dante™はイーサネットケーブル1本で高品質なマルチチャンネルオーディオを安全かつ確実に伝送することができます。Dante™に対応した数多くのオーディオ製品が発売されており、Spatial Mic Danteは、このオーディオネットワークシステムにネイティブ接続することが可能です。


MicNet Controlアプリケーション



MicNet Controlアプリケーションを使用することで、Spatial Mic Danteは1次Ambisonics、5.1 、5.1.2、7.1、バーチャルマイクのステレオ/モノペア等、様々なフォーマットで出力することが可能です。また、Spatial Mic Converterプラグインを使用することで 、より柔軟で高いクオリティを持った音声を出力することができます。


Mic Capsle Quality

Spatial Mic USB & Danteの両カプセルは、そのクラスで最高のパフォーマンスを発揮するよう、慎重に選ばれています。

そして Spatial Mic DanteはUSBモデルとは異なるカプセルを使用しています。どちらのマイクも8基の単一指向性のコンデンサーカプセル(エレクトレット)を採用していますが、サイズ、SNR(信号対雑音比)、最大SPLなどの仕様が異なっています。

Spatial Mic USBはSNR72dB-Aのカプセルを採用し、DanteバージョンはSNR78dB-Aのカプセルを用いています。これは、1カプセルあたりのセルフノイズがそれぞれ22dB-A、16dB-Aに相当します。
Spatial Mic Danteは耐圧136dB-SPLの処理能力を持つカプセルを採用しています。Spatial Mic USBカプセルは、THD < 3%で120 dB-SPLです(Padを入れた状態では最大131 dB-SPLでADCがクリップします)。

Spatial Mic Danteは機能面と性能面の両方において、フラッグシップに相応しい品質を有しています。

Spatial Mic Danteで使用されているカプセルの周波数特性の測定値を示します:


[ Voyage Audio ] / Spatial Mic Dante Recording Solo Instruments








主な特徴

・8基のキャリブレートされた高品質なマイクカプセルを搭載
・Dante™オーディオネットワークによる簡単な接続とルーティング
・サラウンドサウンド、ambiX、バーチャルマイクの出力が設定可能
・最大192kHz/32bitのDanteオーディオネットワークインターフェース
・最大78dB-AのカプセルSNRと136dB Max SPLで静かな自然の音や大音量のコンサートをキャプチャーすることができます。
・バランスの取れたアレイのために個別にキャリブレーション
・高品質なCirrus Logic ADC&THAT Corp製アナログフロントエンド
・高解像度Skyworksクロック・スキーム内蔵32ビットXMOSプロセッサー
・DAWプラグイン(VST & AAX)とMicNet Controlアプリでリモート設定可能


ユーザーマニュアル [日本語版]





Sound & Recording Magazine

製品開発ストーリー「VOYAGE AUDIO Spatial Mic」
複数のカプセルを搭載したマイクで録音し、それを専用のコンバーターで変換することで、立体的なサウンドをステレオで再現できる。
各社がAmbisonics対応マイクを開発する中、新たに参戦したのがVOYAGE AUDIO。
カリフォルニア州サンディエゴに拠点を構える音響機器メーカーだ。
今回、VOYAGE AUDIO共同設立者/エンジニアであるコリン・リッチー氏に、彼らが開発したSpatial Micの特徴や開発について話を聞いた。

製品情報
製品名 Spatial Mic Dante
概要 8 Capsule Spatial Audio Captur Microphone
関連ページ メーカーページ
製品仕様
■ 製品仕様
   ・標準的なIPネットワークで最大8チャンネルまでストリーミング可能
   ・ネットワーク経由でチャンネル数をストリーミング出力するモード。
      未処理 (Spatial Mic Converterプラグインで処理):8チャンネル
      5.1サラウンド:6チャンネル
      5.1.2 サラウンド:8チャンネル
      7.1サラウンド:8チャンネル
      仮想マイクパターンデコード:2チャンネル
   ・Neutrik NE8FBH-C5 ロッキングEtherCON、標準RJ45コネクタと互換性
   ・Dante™ネットワークでのデジタルパフォーマンス:
      44.1 kHz, 48 kHz, 88.2 kHz, 96 kHz 。
      176.4 kHz および 192 kHz (-4% / -0.1% / +0.1% / +4.167%) 最大32ビットまで
      AES67モード 48kHz / 32bit
   ・DSP:32ビットXMOS、16基のリアルタイムロジカルコア搭載
   ・DSP出力モード: 
      アンプロセッシング:192kHzまで
      その他デコードモード :48kHzまで
   ・クロックソース内部またはDanteネットワークからのプライマリ・クロック
   ・ADC: 114-dB/チャンネル(24ビット時)
   ・電力供給:
      IEEE 802.3af PoE Class 0給電機器に準拠。
      Alternative AまたはAlternative B
   ・消費電力最大4.8W
   ・周囲温度45℃まで動作可能

■ カプセル&アレイ
   ・14.6mm径のプリポラライズド・コンデンサー
   ・SN比:78dB-A/1kHz
   ・周波数特性:20Hz~20kHz
   ・感度:-42dB +/- 3dB @1kHz
   ・SPL:136dB (1kHz)
   ・アレイトランスデューサー8基
   ・各Micに個別のキャリブレーションを保存し、バランスの取れたアレイを実現

■ 素材
   ・本体:構造アルミニウム&ナイロン
   ・高さ19.4cm x 直径5.7cm
   ・重量(マイクのみ): 約390g

■ システム要件
   ・Dante™ Controllerが動作するホストコンピューター
   ・MicNet Controlアプリを実行しているホストコンピュータ
    (MicNet Control無しでも使用可能。電源投入時に最後に保存した設定を呼び出します。)
   ・IEEE 802.3af対応のスイッチまたは独立したPoEインジェクターからのPoE。
   ・ギガビット対応のネットワークスイッチ(1000Mbps以上)

■ 付属のアクセサリー
   ・¼ - 20 から ⅝ ミニスイベルボールマウント
   ・ウインドスクリーン
   ・ダウンロードソフト
      ? Spatial Mic Converter VST🄬 プラグイン(Mac OSX & Windows)およびAAX(Mac OSX)
      ? MicNet Control app (Mac OSX & Windows)

  • 販売店一覧
  • 購入前のお問い合わせ
  • 購入後のお問い合わせ

製品品質の向上と部品需給状況によって、製品構成などの仕様は予告なしに変更することがございます。

Contact

購入前のお問い合わせ

取り扱い各メーカーや製品に関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームはこちら

購入後のお問い合わせ

初期不良・交換・サポートなどに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームはこちら